ミスミソウ 結末のネタバレ!最終回で最後に・・・

ミスミソウ 結末のネタバレ!最終回で最後に・・・

押切蓮介さんが描いた作品です。

ジャンルは、「サスペンス」「ホラー」の、ぶんか社コミックスになります。

クラスメイトが殺し合いをする、怖いストーリーです。主人公も復讐でクラスメイトを次々に殺していきます。

押切蓮介さんの描く絵にはクセがあり、ホラー漫画向けだと思いました。表情の迫力がスゴイです。

最終回も凄まじい殺し合いをしてます。

最終回 前までのあらすじ

家族を殺された春花は、クラスメイト全員に復讐を始めます。
最初の頃の優しい春花はいません。
残虐に殺していきます。

「ミスミソウ」相葉ミツルの過去がヤバい!!

10年前の仙台での話。相葉の父さんは、母さんに暴力を振るいます。相葉はその様子を黙って見てます。

「心配したくてもいいぞ今 お父さんとお母さんは仲良くしているんだその証拠にお母さんニコニコしてるだろ?な?お母さんは嬉しいのさ
お父さんと仲良くすることが嬉しくてたまらないんだミツルもお母さんがニコニコしてるほうが嬉しいだろ…?

お父さんもお母さんがニコニコすると嬉しいんだだから余計お母さんと仲良くしたくなってくる何も気にしなくていい」

そう言って母さんを足蹴にしたりやりたい放題暴力を振るいます

ある日、母さんが泣いてるのを見ます。相葉はとうとう父さんを背後から襲います。父さんを殺し、相葉は母さんにご飯を毎日作ります。けど、母さんは喋ることも食べることもしません。

相葉は母さんを支えるしかないと決意します。

「ミスミソウ」春花と小黒 和解 !?

小黒は雪の中外に出ると、偶然 春花と遭遇します。

「野咲… あんたとこうして2人でいるの、いつぶりくらいかな」小黒は春花にそう声をかけます。

「あまり寝てないの?」春花に聞かれ

「寝てないじゃなくて寝れないのどーゆー神経してるの、あんた焼き殺されかけたのに…外を堂々と歩いたりして」

春花をイジメてたとは思えない事を言います。

「なんでそんなにおどおどしてるの?」春花にそう聞かれ「そっちこそ妙よあんだけいびりぬいてきた張本人を前にして…あんたの家族を殺した元凶なのに…」小黒は本当に佐山達が放火するとは思ってませんでした。

「謝って済む話じゃないのはわかってる自分が取り返しのつかないことをしたのも自覚している… 面倒なことになったって思った…お母さんからあんたの親が死んだことを知らされて以来、もうどうしていいのやら…寝るときもあんたの顔がちらつくし、自分の心臓の鼓動で眠れないの
ねぇ どうすればいい? 私 あんたになんて言えばいい?」

小黒は心の底から悪かったと思ってます。春花は、小黒さんは本当は優しい人だと思うからと言います。しばらく話すと、話せてよかったよと小黒は言います。

「私を許して」小黒は最後に涙を浮かべながら、春花にしがみつきます。

「ミスミソウ」佐山流美、小黒を殺そうとする。死んだのはどっち

背後から襲いかかってきた佐山。

「流美… テメェ… 上等だよ この野郎私を殺そうとするなんてね、度胸あるじゃん何を逆恨みしてんのか知らないけど、あんたには本当にうんざりだから…!」

小黒がそう言った次の瞬間、佐山は小黒を包丁で切りつけます。

驚きのあまり、「ひっ…」と声を出してしまい、佐山から馬鹿にされます。

「このイカレ女がァ」佐山を殺そうとかかっていきますが、石で目を潰されてしまいます。

小黒は痛さに耐えながら佐山に反撃します。小黒は怪我をしてるので、その場にコケてしまいます。その隙を狙って、小黒の手に包丁を刺します。学校で刺された仕返しです。

痛がる小黒を見て、包丁を捻じ回します。それからしばらくして、小黒は佐山に殺されてしまいます。

「ミスミソウ」相葉はクズ野郎だった

春花を東京に行かせたくないからといって、春花のおじいちゃんをボコボコにします。

おじいちゃんは病院送りになるほど重症です。春花は佐山にお腹を刺されてしまいます。

相葉は佐山にブチ切れます。佐山は相葉の手にかぶりつきます。怒った相葉は、佐山をぶん殴ります。ぎゃああああああ と悲鳴をあげる佐山。

相葉の鞄の中の写真が飛び散り、春花はその写真の中に、自分の父さんと妹が黒焦げになってる写真に気づきます。

春花の父さんが自分の娘を庇う姿に感動して と変な言い訳をする相葉に、春花は殺意しかありません。相葉に包丁を振りかざし、相葉は佐山を盾に使います。佐山は首元を刺され、即死です。

相葉は春花を殴ります。春花の倒れた姿を撮ろうとする相葉に、矢でレンズをぶち壊し、矢はレンズを貫通すると相葉の目に刺さります。

春花はその場から何も言わず去っていき、待ってくれ…と相葉は手を伸ばします。

ですが、相葉はその場で息絶えます。

「ミスミソウ」春花の最後

クラスメイト全員が全滅した後、春花は雪の中をフラフラと歩いてます。

佐山に刺されたお腹から血が溢れてます。春花は意識が遠くなる中で、妹のしょーちゃんが見えます。涙が止まりません。

おじいちゃん 心配かけてごめんねお父さん 守ってくれて嬉しかったもっと甘えたかったよ お母さんしょーちゃん ごめんね

春花はそんなことを考えながら、雪の上で息絶えます。

一人ぼっちになったおじいちゃんは、一人電車で東京に帰ります。

「春花… 祥子 春が来たよ」

ミスミソウ 結末のネタバレ!最終回で最後に・・・!についてでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。